ED治療薬最後の砦レビトラとは!?

最近多くの場所で目にするジェネリック医薬品とは!?

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品といえば、正規の医薬品のコピーと思っている人が多いかもしれませんが、それは半分間違っていて、半分正解と言えます。

正確にはジェネリック医薬品は後発医薬品といい、正規品つまり「先発医薬品」の開発、 販売特許が切れた後に同じ成分で作られた医薬品の事を指します。

なぜこのような方法がとられているかというと、先発医薬品の開発と研究にはとても大きなコストがかかっており、 特許が存在しないと先に先発医薬品を開発した製薬会社が研究費的にとても不利になってしまう為、 先発医薬品を開発した製薬会社には20年間特許権が与えられるのです。

ジェネリック医薬品はその特許が切れてから、別の製造方法で制作され、ほぼ同じ効果の医薬品を指します。

最近は医療機関やCMなどでも大々的にも取り扱っている為、知名度もでてきて、安全性も確保されています。

さらにジェネリック医薬品の最大のメリットは先発医薬品と同等の効果の物を、安価で購入できるという点です。

なぜ安価で購入することができるのかというと、ジェネリック医薬品は先発医薬品の登場から数十年経過しているわけですから、 研究し尽くされ、製造コスト以外にはほとんど費用がかからず、安価で提供され、私たち消費者にもとに来るのです。

私たちの国日本でも、実際にED治療薬以外の、どんな医薬品を処方されるときに 、医療機関でジェネリック医薬品を選択できるようになってきているので特にこだわりが無いという方はジェネリック医薬品を選択されると、 費用を抑えられるので良いかもしれません。

ジェネリックと先発医薬品の違い

ジェネリック医薬品と先発医薬品の違いを紹介します。

まずは効果ですがこれはほぼ同じと言い切っても大丈夫です、なぜ「ほぼ」なのかは後で説明しますが、99%以上効果は同じと言っても大丈夫です。

なぜ言い切れるかというと、ジェネリック医薬品の変更してはいけない項目が、有効成分の容量とその種類、 用法と容量、効果と効能は同じで製造するという決まりになっているかです。

しかし変更してもいい箇所もあり、医薬品の形状、味、色とさらに独自の添加物を加えても良いとなっています。

ここがさきほど言った「ほぼ」同じなのです。

形状や味などを変更できることで先発医薬品よりも飲みやすく、 美味しく製薬会社によってより購入してもらえるように変更することができるのです。

効果に関しては何度も言いますが、変わらないので、自分に合った飲みやすい形状や味を見つけ出すのも面白いかもしれませんね。

コンテンツ

ページのトップへ戻る