ED治療薬最後の砦レビトラとは!?

EDのいろいろ

ED(インポテンツ)とは

EDとは(Erectile Dysfunction)の略で、日本ではED(イーディー)やインポテンツと呼ばれています。

主に性行為時やマスターベーションの時にペニスが満足に勃起しないという意味合いで使用されますが、EDの症状はまちまちで、どこからどこまでがEDというしっかり決まった境界線は存在しないのです。

自分のペニスが「最近元気がないかも?」「実はこれがEDなのかな?」と思っている人にオススメなのが、インターネットで実施されている。

EDのセルフメディカルチェックです。

私自身も実際に何回かアンケートのようなものに回答して診断してもらいましたが、当たっているかどうかに関わらず、ここからがEDなんだと知るにはまさにオススメですね。

EDになぜなってしまうのか?

続いては一番重要な、「なぜEDになってしまうのか」という問題ですが、EDの原因には様々な原因が存在します。

まずはストレスなどがある場合のEDです。基本的にペニスは自身の精神的な部分を色濃く反映します。

仕事、学校、家庭環境での失敗や人間関係は身体にものすごいストレスを与え、ペニスの勃起力を格段に落とします。

やっぱり自分に元気がない時はペニスにも元気がないですよね(笑)というわけで、この精神ストレスが原因のEDは年齢など関係なく、だれにでも起こりうる可能性があるのです。

10代や20代のEDはだいたいこのパターンが多いようです。

もう一つ紹介する、EDの原因は血管や神経が加齢や怪我によって衰える場合です。

この場合の神経の障害の場合「ペニスに性的な刺激がうまく伝達しない」血管の障害の場合「ペニスに血液が十分に流れ込まれない」など体の器官がうまく働かない事でのEDですね。

怪我の場合の改善はなかなか難しいのですが、加齢の場合はまだED治療薬などで改善が十分に可能です。

具体的なEDの症状

主なEDの症状は興奮しても勃起しない、性的な刺激を受けても勃起しないといったような症状が元になっています。

実際性行為時に勃起持続時間が短く、射精する前にペニスが縮小してしまう中折れは確実にEDの症状です。

勃起しても満足のいくような硬さではなくて膣の挿入にてこずるなどといった勃起不全もEDに含まれます。

EDにはここからここまでがEDという線引きが無いので、最終的にご自身で判断するしかないのです。

昔みたいなペニスの勃起持続時間が短くなってきた、ペニスの勃起の硬さがなくなってきたと思われる方は、勇気を振り絞って医療機関で一度診察を受けてみるのもいいのではないでしょうか。

コンテンツ

ページのトップへ戻る